auのショップの求人の待遇はどんなものか

auショップはKDDIによる直営店だと勘違いしている人が多いので、求人情報を確認したり実際に応募する時に、初めて運営会社が店舗ごとに異なると知る人が少なくありません。携帯キャリア店舗には、加盟審査があるので、一部は直営店が含まれていることがありますが、auについては基本的に販売代理店が運営会社となっています。大規模な会社が一部にはありますが、他のキャリア店舗よりも中小企業が参入しやすい形態を採用しているので、二次代理店という形であれば新規参入も可能です。手数料収入により運営されているので、営業方針によって待遇が大きく変わることは予想出来るでしょう。給与面のみに注目すると、ノルマ達成が厳しいことがあるので、慎重に見極めが必要となるわけです。

雇用形態により異なる待遇に注意しよう

auショップのスタッフとなるためには、直接雇用として運営会社が募集している求人に応募するか、派遣会社を通して派遣スタッフとして勤務する必要があります。直接雇用の場合には、正社員だけでなくアルバイトやパートといった雇用形態を選べますが、正社員であっても入店時の基本給は20万円前後と決して高くはありません。派遣スタッフとして入店すると時給1200円から1400円程度受け取れるので、正社員の給与を単月では上回ることが多いでしょう。賞与の有無で逆転しますが、KDDI側が用意している資格制度で有資格者手当を受けることが、当面の目標となります。ハートフルスタッフやプロスタッフ認定されると、資格手当を支給してもらえるので、40000円程度報酬がアップすることになるでしょう。

選んだ運営会社により待遇に差が出やすい

同一市区町村内であっても、auショップを運営している会社はバラバラという例が珍しくありません。KDDIが用意している公式求人サイトで確認すれば、店舗名と運営会社がセット掲載されているので、地域ごとに募集している求人情報から運営会社を知ることが出来ます。1次代理店だけでなく3次代理店まであるので、運営会社同士の関係性を調べて、なるべく上位の代理店へ就職すれば給与の上限値と待遇が良くなる傾向があります。店舗ごとに忙しさがまるで異なるので、給与面での待遇が良くても他の待遇が良くないケースもあります。しっかりと休憩が取得出来るだけでなく、シフト調整をどこまでしっかり管理しているのかは、実際に働いている人に聞いてみないと分からないことです。派遣スタッフとして働く機会があれば、体験してみると良いでしょう。