auのショップの求人で見るべきポイント

一見すると同じに見えるauショップの運営会社は、多くの中小企業から大企業に至るまでの代理店で運営されています。店舗業務は共通しているものの、販売条件に多少の差が出ているケースや、店内雰囲気に違いが出るのはごく自然なことです。キッズスペースの有無だけでなく、カウンターの運営方式も一律ではありません。地域に合わせた運営が行われているために、求人情報にも地域特性が表れますが、公式求人サイトをKDDIでは用意しているので、運営会社名と担当店舗が一覧で検索出来るようになっています。募集条件の違いを確認すれば、どの部分が異なっているのか判断しやすくなるでしょう。基本給に大きな差は出ないので、インセンティブ報酬や正社員として入社した後のビジョンを描けるかどうかが大きな分かれ道となります。

キャリア育成制度が充実しているか確認したい

中小企業が多く含まれるauショップの運営会社は、携帯電話とは無縁の他業者が代理店として参加していることが珍しくありません。車屋であったり、家電量販店の代理店も少なくありません。店内を見回した時に感じることとして、店長以外は比較的若いスタッフが多いことに気が付くでしょう。正社員として入社した際に、ある程度の経験を積んで年齢が上がった時のキャリアチェンジについて、運営会社がしっかり考慮しているかが重要です。携帯キャリアの運営会社の中には、法人営業を強化するために別部署を立ち上げていることもあります。法人営業は40代以降が主力となるので、キャリア育成制度が充実している店舗に入店出来れば安心です。求人情報には、将来について記載されていることがあるので、運営会社について知ると共に人生設計を考えてみることが大切です。

社内部署の移動が自由に出来れば正社員として応募しても良い

スマートフォン販売だけでなく固定通信販売業務もauショップでは取り扱っているので、店舗営業だけでなく運営会社によっては、別部署が用意されていることもあります。固定通信事業では、提携している別会社との連携を行って、アンテナ工事事業を扱っていたり、法人専門の設備部門を持っていたりと様々です。auショップのスタッフ求人には、運営会社の紹介と共に別事業について記載されていることが少なくありません。様々な人材を広く募集している運営代理店ほど、幅広い人材が活躍出来る場所を提供しており、店舗営業を続ける道だけでなく、社内の別部署への移動もしやすい環境を整えていることが少なくありません。入社したら1つの業務だけでなく、状況に合わせて複数業務を行き来出来る風通しの良さがある会社なら、安心して勤務を続けられるでしょう。